×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダッシュボード上のGPSアンテナ

 レガシィ購入時に、前車のエアトレック・スポーツギアからHDDカーナビを移設しています。前車のときは、パナソニック カーナビ取り付けをDIYで行ったのですが、移設はスバルディーラーへお願いしました。
 その結果、カーナビ付属のGPSアンテナはダッシュボードの中央への取り付けとなっていました。ちょっと見た目が悪いですが、GPSアンテナ取り付け位置は車の中心付近への貼り付けが推奨されています。

 しかし、あるブログで、レガシィのメーターパネル裏へGPSアンテナの設置スペースがあることを知り、ダッシュボード上からエレクトロルミネセントメーター裏へ移設することにしました。

エレクトロルミネセントメーター裏へ移設取り付け

既に沢山の方がカーナビのGPSアンテナ移設を行っていましたので、移設方法は参考にさせていただきました。

ダッシュボード上のGPSアンテナ HDDカーナビ付属のGPSアンテナです。

 ダッシュボード上の中央に設置さてれいます。磁石で貼りついています。台座のシートは、もともと黒だったのですが、日焼けして色が変色しています。

 まず、運転席のドアを開け、ダッシュボード横のインストルメントパネルサイドカバーを外します。手前へ引っ張ると簡単に外れます。

エレクトロルミネセントメーター下部  次に、運転席のハンドル下部にある、インストルメントパネルロアカバーアンダーを外します。クリップ4本で固定されています。
 そのあとで、その上部にある、インストルメントパネルロアカバーアッパーを外します。ねじ1か所を外すと後はクリップ5か所で固定されているだけです。取り外す際には、コネクタで接続されているケーブルが複数ありますので、忘れずにコネクタを外してください。

 すると、メーターパネルの下部を見ることができます。写真中央付近2か所のねじを外します。

エレクトロルミネセントメーター上部  次に、エレクトロルミネセントメーター上部のねじ1本を外します。これで、エレクトロルミネセントメーターを固定しているねじ3本の取り外し完了です。

 メーターパネルは、手前に引き出すと取り外すことができます。

GPSアンテナと台座  メーターパネルを取り出すと、GPSアンテナを設置するための台座が見えます。

 今回は、GPSアンテナを台座へ両面テープで直接貼り付けしました。GPS電波の受信がきちんとできるか心配しながらの移設です。

 後は、メーターパネル取り外しの逆の手順で元へ戻して完了です。

台座を剥がしたダッシュボード    台座を剥がしたダッシュボード上ですが、両面テープの粘着が残ってしまっています。
 もっと早くGPSアンテナ移設ができると良かったですね。

 中性洗剤などでふき取ってみたのですが、うまくいきませんでした。何か良い方法はないでしょうか。

GPSアンテナ移設の感想

 GPSアンテナを移設したことにより、ダッシュボード上がかなりすっきりしました。もっと早く実行すれば良かったですね。

 HDDカーナビ上でのGPSの受信状態ですが、今のところ特に問題ないようです。

 GPSアンテナはメーター裏ですっきりさせるのが、おすすめです。

 このページを参考にしたDIY作業については、全て自己責任でお願いします。当方では、如何なる場合でも、その結果についての責任を負いかねます。